産業振興計画とは?About

飛躍への挑戦 高知県産業振興計画

概 要  ―  高知県産業振興計画

  知事の産業振興計画にかける思いのほか、産業振興計画の概要やこれまでの取り組みの成果を掲載しています。

知事あいさつ

高知県知事 尾 﨑 正 直

  第3期高知県産業振興計画WEBサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

  高知県では、「人口の減少が県内市場の縮小を招くことにより、若者がさらに県外に流出し、さらに人口減少が加速する」といった負の連鎖に正面から向き合い、その克服に向け全力で取り組みを進めてきました。
  その中で経済の活性化の中心となるのが、平成21年に策定した「高知県産業振興計画」です。

  この度、これまでの7年間の取り組みを土台として、今後4年間を計画期間とする「第3期高知県産業振興計画」を策定しました。

  この第3期計画では、『「地産外商」の取り組みをさらに強化し、その流れをより力強い「拡大再生産」の好循環につなげる』ことに挑戦してまいります。また、これにより、第一次産業から第三次産業までの多様な仕事を創出し、若者が地域地域で働き続けられる土壌を作っていくことを目指してまいります。

  私自身、県庁職員と共に知恵を出し、汗をかいて、県民の皆様とさらなる飛躍への挑戦を続けてまいりたいと考えております。

  皆様の積極的なご参画とご協力を心よりお願い申し上げます。

高知県知事 尾 﨑 正 直


産業振興計画とはどんなもの?

  官民が一丸となって同じ方向に力を合わせて進む旗印ともなる、本県産業の体質強化に向けたトータルプランとして「高知県産業振興計画」を策定し、平成21年度から取り組んでいます。

これまでの7年間の取り組みにより、各分野で地産外商が大きく進むなど、様々な成果が表れてきました。

詳細はこちら
picture_as_pdf 産業振興計画の成果 (PDF 689KB)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。お持ちでない場合は、下のボタンより入手可能です。

産業振興計画の構成

  産業振興計画は、計画の基本的な考え方などを示した「総論」と、農業・林業・水産業・商工業・観光の5つの産業分野及びこれらを結ぶ連携テーマで構成する「産業成長戦略」、県内7つの地域で雇用や所得の向上を目指す「地域アクションプラン」の3つで構成されています。

産業振興計画の構成図

フォローアップ体制

  産業振興計画では、県庁内の推進体制と庁外委員によるフォローアップ体制を構築しています。この体制のもと、様々な角度からの点検・検証を通じて、施策をより実効性の高いものへと適宜改善するとともに、毎年度、計画自体にも改定を加えて、バージョンアップを図っています。

フォローアップ体制図・フォローアップ委員会 フォローアップ体制図・産業振興推進本部 フォローアップ体制図・地域本部

第3期 産業振興計画の概要

  平成28年度から新たにスタートした第3期産業振興計画は、「地産外商」の取り組みをさらに強化し、その流れをより力強い「拡大再生産」の好循環につなげることを目指して、施策を大幅に強化しました。

「地産」をさらに強化!

◆ 農業

  • 次世代型こうち新施設園芸システムの普及と農地の確保
  • こうち型集落営農の拡大と法人化の推進
  • 中山間農業複合経営拠点を県内各地に整備 など

◆ 林業

  • 原木の生産と皆伐後の再造林に必要な苗木生産を強化
  • 大断面集成材などの高付加価値製品を製造する加工施設の整備を支援 など

◆ 水産業

  • 法人などの生産現場への参入を促進
  • 養殖魚の人工種苗を生産・中間育成する技術の早期確立 など

◆ ものづくり

  • ものづくり地産地消・外商センターによる事業戦略の策定から実行までの支援を強化 など

◆ 観光

  • 歴史を中心とした博覧会の開催を通じた歴史資源の磨き上げ
  • 歴史と食を一体的に連動させた戦略的な観光地づくり(観光クラスター化)の推進 など

◆ コンテンツ事業等

  • コンテンツ関連産業や事務系職場の集積を拡大 など

「外商」をさらに強化!

◆ 食品・ものづくり等

  • 地産外商公社の体制の充実などにより、食品分野の全国展開を強化
  • ものづくり地産地消・外商センターに東京営業本部を新設するなど、外商支援を強化
  • 農林水産物・食品などの輸出拡大に挑戦
  • 国内外での外商強化によるさらなる防災関連産業の振興 など

◆ 観光

  • 国内外のマスメディアを活用した効果的なプロモーションを実施
  • 外国人観光客(クルーズ船等)の受入環境を整備するなど、国際観光を推進 など
「外商」をさらに強化!図

拡大再生産に向けた取り組みの強化!

強化のポイント1

担い手の育成・確保!

  各産業の取り組みを継続、発展させるため、移住施策と連携した担い手の育成・確保対策に取り組みます。

  • 第一次産業の担い手確保対策を推進
  • 事業承継・人材確保センターの体制強化により、企業などの中核を担う人材確保を支援
  • 土佐まるごとビジネスアカデミー(土佐MBA)の拡充など地域のリーダーとなる産業人材の育成を強化
  • 移住につながる多様なツアーの実施や高知県版CCRC構想の展開 など
強化のポイント2

「地域産業クラスター」の形成!

  地元に残りたいと願う若者の就職に関する希望をかなえるには、第一次産業から第三次産業までの多種多様な仕事が必要です。そのため、地域に根差した第一次産業や観光などを核として、その周りにさまざまな産業を集積させる「地域産業クラスター」を意図的に生み出していきます。
  お住まいの地域でもチャレンジしてみようというご希望がございましたら、県庁地産地消・外商課(TEL 088-823-9770)までお気軽にご相談ください。

強化のポイント3

起業や新事業展開の促進!

  地域の持続的な発展のためには、新しい挑戦が次々に行われる環境が必要です。そのため、起業や新たな事業展開を促す施策を抜本強化します。

  • 起業などのご相談にワンストップで対応する新たな相談窓口を県庁内に設置(起業推進室 TEL 088-823-9781)
  • 土佐MBAにおける学びから起業までの支援を強化
  • 小規模な事務系職場の起業などを促進するための補助制度の創設など、資金調達面での支援を強化 など

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。お持ちでない場合は、下のボタンより入手可能です。

addclose

publish