産業振興計画とは?About

飛躍への挑戦 高知県産業振興計画

概 要  ―  高知県産業振興計画

  知事の産業振興計画にかける思いのほか、産業振興計画の概要やこれまでの取り組みの成果を掲載しています。

知事あいさつ

高知県知事 尾 﨑 正 直

  第3期高知県産業振興計画WEBサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

  高知県では、「人口の減少が県内市場の縮小を招く」といった負の連鎖に正面から向き合い、その克服に向け全力で取り組みを進めてきました。
  その中で経済の活性化の中心となるのが、平成21年に策定した「高知県産業振興計画」です。

  産業振興計画の取り組みをスタートして以降、本当に多くの方々が地産外商に取り組まれるようになり、本県経済は今や人口減少下においても拡大する経済へと構造を転じつつあります。

  しかしながら、まだまだ道半ばであり、さらには、完全雇用状態を背景とする人手不足の深刻化という新たな問題も生じており、本県経済の成長を阻む壁になってきています。

  このため、第3期計画をバージョン3へと改定し、「成長の「壁」を乗り越える」、「成長に向けたメインエンジンをさらに強化する」、「成長を支える取り組みを強化する」という3つの側面から取り組みを大幅に強化しました。

  私自身、県庁職員と共に知恵を出し、汗をかいて、さらなる飛躍への挑戦を続けてまいりたいと考えております。

  皆様の積極的なご参画とご協力を心よりお願い申し上げます。

高知県知事 尾 﨑 正 直


産業振興計画とはどんなもの?

  官民が一丸となって同じ方向に力を合わせて進む旗印ともなる、本県産業の体質強化に向けたトータルプランとして「高知県産業振興計画」を策定し、平成21年度から取り組んでいます。


PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。お持ちでない場合は、下のボタンより入手可能です。

産業振興計画の構成

  産業振興計画は、計画の基本的な考え方などを示した「総論」と、農業・林業・水産業・商工業・観光の5つの産業分野及びこれらを結ぶ連携テーマで構成する「産業成長戦略」、県内7つの地域で雇用や所得の向上を目指す「地域アクションプラン」の3つで構成されています。

産業振興計画の構成図

フォローアップ体制

  産業振興計画では、県庁内の推進体制と庁外委員によるフォローアップ体制を構築しています。この体制のもと、様々な角度からの点検・検証を通じて、施策をより実効性の高いものへと適宜改善するとともに、毎年度、計画自体にも改定を加えて、バージョンアップを図っています。

フォローアップ体制図・フォローアップ委員会 フォローアップ体制図・産業振興推進本部 フォローアップ体制図・地域本部

第3期 産業振興計画 ver.2 の概要

  平成29年度はこれまでの取り組みを継続するとともに、8つの改定ポイントを中心に、持続的な「拡大再生産」の好循環の創出を目指し、「地産」「外商」「拡大再生産」の取り組みをさらにパワーアップしています。

詳細はこちら   (PDF 848KB)
picture_as_pdf 第3期 産業振興計画 ver.2 の改定のポイント 

第3期 計画 ver.2 の取り組みを動画でもご覧いただけます

(平成29年6月11日(日)に高知放送で放送された、産業振興計画広報番組「いざ高知・産業維新ぜよ!~第3期 高知県産業振興計画 ver.2 ~」を3つパートに編集)

「地産」の強化!

  第一次産業における飛躍的な生産拡大や、事業戦略の策定と生産性・付加価値の向上、食品加工のレベルアップに向けた取り組みをご紹介します。

第一次産業における飛躍的な生産拡大や、事業戦略の策定と生産性・付加価値の向上、食品加工のレベルアップに向けた取り組みをご紹介します。

「外商」の強化!

  海外への輸出の本格化、435万人観光の早期達成と定常化に向けた取り組みをご紹介します。

海外への輸出の本格化、435万人観光の早期達成と定常化に向けた取り組みをご紹介します。

「拡大再生産策」の強化!

  担い手・人材の育成・確保の取り組みや地域産業クラスタープロジェクトの取り組み、起業や新事業展開のさらなる促進に向けた取り組みをご紹介します。

担い手・人材の育成・確保の取り組みや地域産業クラスタープロジェクトの取り組み、起業や新事業展開のさらなる促進に向けた取り組みをご紹介します。

第3期 産業振興計画 ver.2 資料

※ 年度別 産業振興計画のページでは、軽量化した分割版もご用意しております。

picture_as_pdf 第3期 高知県産業振興計画 ver.2 PR版※ 全体版(PDF 42MB)

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。お持ちでない場合は、下のボタンより入手可能です。

addclose

publish