事例 10 (有)菱田ベーカリーCase 10

飛躍への挑戦 高知県産業振興計画

事例 10 有限会社菱田ベーカリー

地元に愛される商品である「羊羹ぱん」の製造・販売

分野:食品(地域アクションプラン)
取り組みの概要

当社は高知県内でも有数のパン製造能力があり、羊羹ぱんは日産2,000個程度の製造が可能です。また、衛生管理についても高知県食品総合衛生管理認証制度(第1ステージ)の認証も受けています。羊羹ぱんは、地元の食文化や地域の背景があってこそ残ってきた商品であり、そういった懐かしい商品を発信しています。

取り組みに至った背景

環境が変化していく中、従来のビジネスモデルが通用しなくなり、自分が変わりたいと思い土佐まるごとビジネスアカデミーを受講しました。

取り組みの効果等

商人塾では経営上でのマネジメントや自社商品について、受講している仲間や講師の方から客観的な意見が聞けて自分の立ち位置を見直すことができました。この経験を活かして、地元の素材を使用しながら今までとは違う客層への販路開拓に挑戦しています。


活用した県の支援策(補助事業等)

◆ 土佐まるごとビジネスアカデミー
(目指せ!弥太郎商人塾、土佐経営塾、アドバンスコース)
◆ ものづくり競争力強化支援事業
◆ 高知県産品商談会
◆ 見本市、展示会等への出展支援(こうち産業振興基金)
◆ 食品ビジネスまるごと応援事業
◆ 食品産業総合支援事業費補助金
◆ 移住促進・人材確保センターの支援

Premium Green Garlic
取り組みに関する商品等

● 羊羹ぱん
● 羊羹ツイスト

担当者の声

専務:菱田さん夫婦

菱田さん夫婦

商人塾は夫婦で別々に受講しました。いろいろな講師を招いて話を聞いて学んでいくうちに自分の考え方や会社での立ち位置、目指すべき目標が明確になりました。

この2年間で販売した羊羹ぱんの個数は80万個。今後もさらに認知度を向上させる為、駅ナカでの販売にも力を入れていきたいです。

addclose

publish