事例 13 一般社団法人エンジェルガーデン南国 南国にしがわ農園Case 13

飛躍への挑戦 高知県産業振興計画

事例 13 一般社団法人エンジェルガーデン南国 南国にしがわ農園

無農薬・無肥料の「有機グァバ」を活用した加工品づくり

分野:食品
取り組みの概要

南国市の有機JAS認証の自社農園では、無農薬、無肥料で除草剤も一切使わない究極のオーガニックと言われる徹底した自然農法を実践し、在来種グァバを自然栽培しています。2017年に自社工場にも有機JAS認証を取得し、栽培→加工→卸・販売までを自社で行う完全6次産業化を実現しました。  

取り組みに至った背景

自社農園で栽培するグァバは、有機JAS認証されているにもかかわらず、加工品は他社に委託し製造していたことから、自社のこだわりが薄れていました。そのため、加工も極力自分たちで行いたいとの思いから、自社工場を整備しました。

取り組みの効果等

自社工場の整備にあたって、県の補助金を活用し、茶葉粉砕機などの機器を導入しました。自分たちの手で加工品を製造することで、こだわりをより強く押し出すことができるようになり、県内外の商談会で成約につながっています。


活用した県の支援策(補助事業等)

◆ 食品ビジネスまるごと応援事業
◆ 工業技術センターの技術支援
◆ 県産品商談会
◆ 生産管理高度化支援事業
◆ 土佐MBA(目指せ!弥太郎 商人塾)

有機土佐國グァバ茶
取り組みに関する商品等

●有機土佐國グァバ茶など6次加工品

担当者の声

生活支援員・統括マネージャー:
西川隼平さん

岸本さん、岸本さん

おかげさまで、産学官連携で土作り種選びから卸販売までの6次産業化を実現できました。

これからも自社の強みを生かし、農福連携(地元障がい者雇用創出)を基本に、豊かで幸せな日本の未来モデル、新規就農による地域活性、有機自然栽培の普及、耕作放棄地の有効利用、グァバの地域資源 化による健康長寿県構想に寄与することなど、よりいっそう気持ちを引き締めて取り組んで参ります。ぜひ、南国にしがわ農園のグァバ圃場にご見学にお越しください。        

addclose

publish