事例 14 横山麺業株式会社Case 14

飛躍への挑戦 高知県産業振興計画

事例 14 横山麺業株式会社

市場ニーズに対応した添加物不使用の商品開発

分野:食品
取り組みの概要

安全・安心な商品を求める市場ニーズに対応し、化学調味料や保存料無添加の「ところてん」を開発しました。今後は、高知家のうまいもの大賞で2年連続受賞(2018年:大賞 2019年:新商品部門賞)したこともPRしながら、都市部の量販店を中心に販路の拡大を図っていきます。

取り組みに至った背景

高知の食文化を売り出そうと室戸天然天草を使用した「ところてん」の外商活動に取り組む中で、多くのバイヤーから添加物を使用しない商品を望む声が聞かれたことから、無添加ところてんの開発をスタートしました。

取り組みの効果等

工業技術センターの味の数値化分科会への参加や、専門家に味の調整のためのアドバイスをもらうなど、商品改良に精力的に取り組むことができました。無添加商品は商談会で多くのバイヤーに興味を持っていただくことができ、販路が拡大しています。


活用した県の支援策(補助事業等)

◆ 食品ビジネスまるごと応援事業
◆ 食品産業総合支援事業費補助金
◆ 事業戦略策定支援 
◆ 工業技術センターの技術支援
◆ 県産品商談会

土佐の鰹だし室戸天然天草ところてん
取り組みに関する商品等

●土佐の鰹だしところてん米酢(無添加)
●土佐の鰹だしところてんゆず(無添加)
●土佐の鰹だし室戸天然天草ところてん

担当者の声

代表取締役社長:横山さん

岸本さん、岸本さん

高知の伝統食で夏の風物詩の鰹だしで食べるところてんを県外のお客様にも楽しんでいただこうと、室戸の天草にこだわり、お土産商品として「土佐の鰹だし室戸天然天草ところてん」を開発しました。

この海藻から造られるところてんは、低カロリーで食物繊維豊富なヘルシー食品です。そこで、さらに工夫を加え、化学調味料や保存料無添加で仕上げた「土佐の鰹だしところてん米酢(無添加)」、「土佐の鰹だしところてんゆず(無添加)」を商品化しました。        

addclose

publish